行きつけ農村のあるくらし、始動!

行きつけ農村のあるくらし」とは、eスローライフさんのチラシによれば、

「週末には街を抜け出して近くの農村へ。おいしい空気、きれいな水に囲まれての土いじり。
「これ持っていきな~」なじみの農家のおばちゃんに採れたてのトマトをもらって、畑でまるかじり・・・
仕事帰りに立ち寄るのが「行きつけの居酒屋」なら同じ感覚で「今週末は、ちょっと寄っていこう!」
気軽に立ち寄れる、そう、私には行きつけ農村がある。

と紹介されています。

これって、今世界中で注目されはじめている
クリエイティブ・ツーリズム」の農村バージョンですよね。

その行きつけ農村の拠点が、豊中市本町にオープンしました。

行きつけ農村の拠点オープン

2010年1月7日午前10時30分、2009年度ファンド採択事業
豊能「行きつけ農村」のある暮らし創り」の拠点が、
豊中市本町の大池小学校のそばにオープン。

開店を待ちかねて、多くのお客様が並んでくださいました。

また、たまたま地元のケーブルテレビ局さんがお店の前を通りがかり、
早速取材もされていました。

幸先が良いですね。

行きつけ農村オープン風景

ここでは、地元能勢や丹波のこだわり農家さんが丹誠込めてつくる野菜を
直売する「産直野菜市」が開かれる他、農村体験ツアー
各種イベント情報を発信して、「行きつけ農村のあるくらし」が
体験できるお店をめざします。

阪急豊中駅北西、徒歩3分、大池小学校の隣です。

近くにお越しの際は、一度お立ち寄りください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

2010年1月7日

このページの先頭へ