その名はルームオクタゴン

日本経済新聞で紹介されたOne’sアイさんの多目的ルーム。

とよなかインキュベーションセンターで昨日展示されました。

パンフレットよると、製品名は、「多目的キャビン“8”角形 ルームオクタゴン」です。

ルームオクタゴンと斎藤社長

   ルームオクタゴンと斎藤社長

今回の展示は、テレビ局の取材に合わせてお披露目されたものです。

おおさか地域創造ファンド事業で採択された
バリアフリータイプの仮設トイレというコンセプトで展示されていました。

ファンド採択事業が製品(まだ試作品ですが)の形になったわけです。

中に便器が置いてあるのが見えます。

これは豊中市のコインシャワー開発会社である株式会社タニモトさん
お正月返上で製作された「電動圧送式便器システム」です。

汚物の処理を電動で行うことで、仮設トイレの連続使用を
可能にする画期的なシステムです。

今回の展示に先立って、東京都において試作品展示をされていますが、
このシステムは絶賛を受けたとのこと。

まだ改良の余地はあるそうですが、ブレークしそうな予感がします。

斉藤社長は、お忙しい中「仮設トイレブログ」を日々更新されています。

こちらもユニークな内容になっています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

2010年1月19日

このページの先頭へ