二次選考(面接選考)を行いました

6月15日に「平成23年度 第2回 豊能地域助成事業選定委員会」を開催し
2次選考(面接選考)を実施しました。

ご参加いただいた応募事業者の皆さまにおきましては
お忙しい中、しっかり準備をし、それぞれの事業にかける思いや
情熱、事業ビジョンを選定委員の前で存分にご披露くださいました。

本当にありがとうございました。

この投稿の続きを読む »

2011年6月16日

平成23年度公募結果

5月10日から20日まで受け付けしました
平成23年度 おおさか地域創造ファンド 豊能地域支援事業助成金
には、16件のご応募をいただきました。

お忙しい中、申請書類を作成、必要書類を揃えて
ご応募いただいた皆さまに、改めてお礼申し上げます。

この投稿の続きを読む »

2011年6月11日

選定委員会を開催しました

豊能地域活性化推進協議会では、2008(平成20)年度採択事業及び2009(平成21)年度採択事業で引き続き2010(平成22)年度の助成を希望する事業を対象に、継続支援する事業を選定する第3回助成事業選定委員会を3月10日、開催しました。

まず、本年度で助成期間が終了するファーストシーンさん、能勢酒造さん、インベイントさんが採択事業の成果報告を行いました。

引き続いて、継続支援を希望する、トミヅル工業さん、ブランケネーゼさん、岡田製作所さん、谷尾さん、ドクター・オブ・ジ・アースさん、山口食品さん、eスローライフさんが、2009(平成21)年度の進捗報告と2010(平成22)年度の実施計画及び成果目標のプレゼンテーションをおこないました。

各事業者さんの報告内容や実施計画、成果目標について、4名の選定委員がそれぞれの専門分野から質問され、社長さんがそれに答えるという質疑応答を行いました。全員のプレゼンテーションが終了後、選定委員が各事業について、継続の適否について協議。熱心な議論の末、継続支援する事業を選定しました。

選定結果については、3月12日に開催される豊能地域活性化推進協議会の承認、3月24日に開催される財団法人大阪産業振興機構のおおさか地域創造ファンド審査委員会の審査を経て、4月1日に正式に決定されます。

2010年3月13日

2009(平成21)年度公募・選定結果

早いもので、助成事業の公募も第3回目を迎えました。

今年度から毎年4月公募開始、5月中旬受付となります。

今年度は、募集期間が2009年4月1日(水)から5月20日(水)、
受付期間が5月11日(月)から5月20日(水)で実施されました。

昨年度の件数の大幅落ち込みを挽回すべく、
昨年以上に応募事業の掘り起こしに取り組みました。

その結果、初年度の17件を上回る過去最高の18件の応募がありました。

大阪府全体でも99件と、過去最高。

ちょっとだけ残念なことに、府下1番への返り咲きはなりませんでした。

一位は二年連続で、中央地域(大阪市)でした。
件数は27件。選定は大変でしょうね。

応募を受け付けた18件について、「豊能地域助成事業選定委員会」による
書類審査及び面接審査が行われ、次の5件が採択されました。

2009(平成21)年度豊能地域採択事業

株式会社岡田製作所(豊中市)

介護ロボット便座の開発、製作及び販売

株式会社谷尾(能勢町)

大学等と連携した古代鍍金(鍍金)をベースとする高機能表面処理技法の確立と幅広い産業への普及

ドクター・オブ・ジ・アース株式会社(豊中市)

豊能地域を中心とした「農商シェフ連携」による計画的生産・流通システム「AIR」の開発と普及

山口食品株式会社(豊能町)

地場産ダイズ・地場資源及び地元ブランドによる納豆の製造

有限会社eスローライフ(豊中市)

豊能「行きつけ農村」のある暮らし創り

(応募受付順)

今年度は過去最多の5社が選定・採択されました。

豊能町の事業者が初めて採択されました。

これで、豊能地域の3市2町すべてから採択事業者がでたことになります。

各事業の詳細や事業の進捗状況はそれぞれのページをご覧ください。

2009年12月19日

2008(平成20)年度公募・選定結果

第2回目の助成事業の公募は、当初4月実施の予定でしたが、
大阪府知事の交代による予算見直し等の影響により、
募集期間が2008年7月7日(月)から8月5日(火)、
受付期間が7月24日(木)から8月31日(木)で実施されました。

初年度を上回る件数を目標に、応募事業の掘り起こしに取り組みましたが、
残念ながら受け件数10件と、2007年度の17件から大きく減少しました。

大阪府全体では92件(前年は93件)と横ばいです。

前年度の件数トップから府下第3位に転落してしまいました。

尚、一位は中央地域(大阪市)の34件(スゴイ!)、
二位は泉北地域(堺市、高石市、泉大津市、和泉市)の17件でした。

応募を受け付けた10件について、「豊能地域助成事業選定委員会」による
書類審査及び面接審査が行われ、次の3件が採択されました。

2008(平成20)年度豊能地域採択事業

株式会社トミヅル工業(豊中市)

ステンレス加工技術と大阪の伝統工芸によるインテリアワイン遊具のブランド「和鶴(Tsuru)」戦略

ブランケネーゼ株式会社(池田市)

能勢栗の摘果栗及び収穫時の栗外皮(イガ)の粉末加工と、製菓材料やミックス粉等への用途開発及び販路開拓

株式会社インベイント(箕面市)

地元金型製造企業との連携による缶スプレー注入機の開発及び販路開拓

(応募受付順)

今年度は上記3社が選定・採択されました。
池田市、箕面市からは初めての採択です。

各事業の詳細や事業の進捗状況はそれぞれのページをご覧ください。

2009年12月19日

このページの先頭へ