トミヅル工業さんの新ブランド

大阪の技術をベースとした「和鶴」ブランドで
大阪発の世界ブランドを目指している
トミヅル工業の冨鶴社長が、11月19日

関西テレビ「スーパーニュースアンカー」

で、紹介されました。

月曜日に担当ディレクターさんから取材申し込みがあり、
水曜日に打ち合わせ、木曜日に一日取材、
そして、約5分間に編集して放送されました。

映像を紹介できないのが残念ですが、「和鶴」ブランドにかける
冨鶴社長の思い、製作に協力していただいている作家さんや
職人さん、さらには、お店で実際に商品を利用している
オーナーシェフさんの推薦の言葉と、とても充実した内容でした。

一目見て、すぐに「和鶴」ブランドのシャンパンクーラーや
グラスを買い求め、お店で使われている

モード和食総本店 笹次 総料理長さんのコメント

さすが大阪やなっていうのを感じましたし
見てすぐにこれやっていうのをビ゙ビっときたんですね

世界各国、お皿やグラスを見てきましたけど
これだけの表現できてるグラスはまずない

と、絶賛です。ありがとうございます!

「忙しい!忙しい!」「忙しい!忙しい!」
「ようよう考えたら」

と冨鶴節も炸裂!!

そんな冨鶴社長が、新ブランドを発表されました。

「和鶴」PRODUCTS です。

この新ブランドは、冨鶴社長によれば

気軽に使ってもらえる、気軽に買ってもらえる、
気軽にプレゼントしてもらいたい願いから、

手頃感のある・生活感のあるワインアクセサリーブランドとして、
「和鶴」PRODUCTS を立ち上げました。

とのことです。

テレビ出演にあわせるかのように、番組紹介の前日
「和鶴」PRODUCTS のホームページ も公開しました。

冨鶴社長自作のページですが、なかなか、よく出来ています。

今後、コンテンツが充実するにつれ、
販売実績もさらに上向くと思います。

そして、明日から、東京・池袋サンシャインで
3日間の展示会出展。

大きな成果を期待しています。

2010年11月26日

和鶴ブランド商品、心斎橋で展示中です

トミヅル工業さんがファンド採択事業「和鶴(Tsuru)」の
ブランド戦略を展開中です。

今回のステージは、大阪心斎橋のランドマークとなっている
ホテル日航大阪の裏側(西側)にある
GALLERY T.K.ART さんです。こ

こを舞台に“「和鶴」2010展”が開催されています。(2月8日(月)まで)

この投稿の続きを読む »

2010年2月5日

よし!ゆらりを売るぞ!!

今日、トミヅル工業の冨鶴社長にお目にかかりました。

3月の年度末を控えたこの時期は、採択事業者様に報告書の
ご提出などをお願いすることが多く、そうした書類作成のお手伝いのため
普段よりも頻繁にお目にかかったりメールのやり取りをしたりしています。

書類の内容チェックと修正アドバイスを終えた後、
事業の今後の進め方について
あれこれ多方面の意見交換をしました。

その中で、ワインのインポーターがフランスのワインメーカーを招いて
毎年この時期に開催しているワイン試飲会に
先日、出展した話が出ました。

試飲会会費4000円にも関わらず300名ほどの参加者があったそうです。

ここへ以前にも紹介したインテリアワイン遊具「和鶴」(TSURU)ブランド
新商品「ゆらり」を20程持参したそうです。

すると、あろうことか(ご本人がそうおっしゃっていますので)
あっという間に完売したそうです。

わかる人にはすごく気に入ってもらえ
大きな手応えを感じたと、おっしゃってました。

冨鶴社長のお話では、

実際に見てもらったり手で触ってもらったりすると、
より作品の良さがわかってもらえる

とのことです。

このデザインに対して

余所にはないおしゃれさ、かわいらしさ

を感じる若い方がたくさんいらっしゃるようです。

そうした方々に、もっともっと知って頂くこと。

そのためにどうするか。

今日、一緒にいろいろ戦略を練りました。

これからの冨鶴社長の取り組みをお楽しみに。

2010年1月26日

冨鶴社長、熱く語る

トミヅル工業の冨鶴社長が「J:COM豊中・池田ケーブルテレビ」の
『中田なおきのてくてく』という番組の取材を2009年5月18日にうけ
5月25日から31日までケーブルテレビで放送されました。

その映像が You Tube にアップされていますので
ここにもリンクを張っておきます。

おおさか地域創造ファンド2008年度採択事業である
「ステンレス加工技術と大阪の伝統工芸による
インテリアワイン遊具のブランド「和鶴(Tsuru)」戦略」の
壮大な事業構想が中田なおきさんとの
絶妙の掛け合いで、熱く語られています。

番組内で冨鶴社長が「一押しの商品」として紹介しているのが
能勢の欄間技術とステンレス加工技術が融合した
ワインクーラー「Ranma 鶴」です。

テレビの映像を通じてみると、本当にかっこいいですね。

尚、2009年末に、取材を受けている場所から工場を移転されましたので
画面で表示されている会社住所は現在の住所とは異なっています。

2010年1月25日

このページの先頭へ