選定委員会を開催しました

豊能地域活性化推進協議会では、2008(平成20)年度採択事業及び2009(平成21)年度採択事業で引き続き2010(平成22)年度の助成を希望する事業を対象に、継続支援する事業を選定する第3回助成事業選定委員会を3月10日、開催しました。

まず、本年度で助成期間が終了するファーストシーンさん、能勢酒造さん、インベイントさんが採択事業の成果報告を行いました。

引き続いて、継続支援を希望する、トミヅル工業さん、ブランケネーゼさん、岡田製作所さん、谷尾さん、ドクター・オブ・ジ・アースさん、山口食品さん、eスローライフさんが、2009(平成21)年度の進捗報告と2010(平成22)年度の実施計画及び成果目標のプレゼンテーションをおこないました。

各事業者さんの報告内容や実施計画、成果目標について、4名の選定委員がそれぞれの専門分野から質問され、社長さんがそれに答えるという質疑応答を行いました。全員のプレゼンテーションが終了後、選定委員が各事業について、継続の適否について協議。熱心な議論の末、継続支援する事業を選定しました。

選定結果については、3月12日に開催される豊能地域活性化推進協議会の承認、3月24日に開催される財団法人大阪産業振興機構のおおさか地域創造ファンド審査委員会の審査を経て、4月1日に正式に決定されます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

2010年3月13日

このページの先頭へ