トミヅル工業さんの新ブランド

大阪の技術をベースとした「和鶴」ブランドで
大阪発の世界ブランドを目指している
トミヅル工業の冨鶴社長が、11月19日

関西テレビ「スーパーニュースアンカー」

で、紹介されました。

月曜日に担当ディレクターさんから取材申し込みがあり、
水曜日に打ち合わせ、木曜日に一日取材、
そして、約5分間に編集して放送されました。

映像を紹介できないのが残念ですが、「和鶴」ブランドにかける
冨鶴社長の思い、製作に協力していただいている作家さんや
職人さん、さらには、お店で実際に商品を利用している
オーナーシェフさんの推薦の言葉と、とても充実した内容でした。

一目見て、すぐに「和鶴」ブランドのシャンパンクーラーや
グラスを買い求め、お店で使われている

モード和食総本店 笹次 総料理長さんのコメント

さすが大阪やなっていうのを感じましたし
見てすぐにこれやっていうのをビ゙ビっときたんですね

世界各国、お皿やグラスを見てきましたけど
これだけの表現できてるグラスはまずない

と、絶賛です。ありがとうございます!

「忙しい!忙しい!」「忙しい!忙しい!」
「ようよう考えたら」

と冨鶴節も炸裂!!

そんな冨鶴社長が、新ブランドを発表されました。

「和鶴」PRODUCTS です。

この新ブランドは、冨鶴社長によれば

気軽に使ってもらえる、気軽に買ってもらえる、
気軽にプレゼントしてもらいたい願いから、

手頃感のある・生活感のあるワインアクセサリーブランドとして、
「和鶴」PRODUCTS を立ち上げました。

とのことです。

テレビ出演にあわせるかのように、番組紹介の前日
「和鶴」PRODUCTS のホームページ も公開しました。

冨鶴社長自作のページですが、なかなか、よく出来ています。

今後、コンテンツが充実するにつれ、
販売実績もさらに上向くと思います。

そして、明日から、東京・池袋サンシャインで
3日間の展示会出展。

大きな成果を期待しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

2010年11月26日

このページの先頭へ