今月も盛り上がりました

毎月1回実施しているファンド採択事業者交流会

1月度は、昨日、15日に実施しました。

今回は、メンバー13事業者のうち、6社がご参加くださいました。

19年度採択の能勢酒造子安部長、20年度採択トミヅル工業冨鶴社長、
同じくブランケネーゼ東社長、21年度採択ドクター・オブ・ジ・アース河村社長、
同山口食品山口さん、同グンジ郡司社長です。

それと、事務局・豊中商工会議所の吉田さんに私です。

いつも通り午後5時スタート。

でも実際には、いつからスタートしたのかわかりません。

というのも交流会会場にお入りになるや、すぐにお向かい、
お隣同士で情報交換が始まるからです。

ここで交換される情報の質と量が、これまたすごい。

で、あっという間に終了予定の午後7時になります。

ますます盛り上がっており、いつも通りここから近くの居酒屋で
2次会に入るのですが、昨日はちょっと違いました。

「お話しは尽きないようですが、予定の時刻になりましたので、
今月の交流会はここまで」などと私が水をさした直後でした。

ドクター・オブ・ジ・アースの河村社長が、商談会用に作成された
会社紹介パンフレットを皆さんにお配りになりました。
(何で、今頃出すの。もっと早く出せばいいのに、という声あり)

これ、河村社長がパワーポイントで自作されたものですが、
全12ページでとっても素晴らしい出来映えなのです。

たった1日でお作りになったそうです。

プロ顔負けです。

このパンフレットには、ドクター・オブ・ジ・アースさんの
ファンド採択事業も紹介されています。

参加者の皆様も興味をそそられ、一旦あげようとした腰をおろして
パンフレットをパラパラ。

ここから、交流会第二ラウンドがスタートしたのです。

ドクター・オブ・ジ・アースさんが採択された事業は、
簡単にいえば「青果物の新たな流通形態の構築」です。

このビジネスモデルについて、議論が始まったのです。

いかに早期に事業を立ち上げるか。

これが課題ですが、ああしたらいい、こうすべき、こんな事例がある、
などなど参加者それぞれのノウハウが惜しげもなく交換されます。

気がつけば、午後8時前。

予定時刻を1時間もオーバーして、議論は白熱するばかり。

結局このあと、いつも通りの2次会でもこの話は続き、
お開きになったのは午後10時を過ぎた頃でした。

事前にテーマ設定しているわけではないのですが、
今回もとても充実した内容になりました。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

2010年1月16日

このページの先頭へ