赤字でも応募できますか?

おおさか地域創造ファンド 豊能地域支援事業
助成金に応募したいのですが、
不況の影響で、当期は赤字決算になりそうです。

会社が赤字だと応募しても採択されないように思うのですが、
実際のところどうなんでしょうか?

赤字決算が選定にどの程度影響するかというご質問ですね。
お答えします。

リーマンショックの影響で業績が急激に悪化した企業が多くあります。
そうでなくても、黒字を出すのは難しいですね。

ご質問の件ですが、結論からいうと、
その赤字が御社の経営に及ぼす影響度合いによります。

まず、赤字だからといって応募できないわけではありません。
ぜひ応募してください。

ただ、ご注意いただきたいのは

直近3事業年度の法人税、消費税及び地方消費税を完納していること
地方税に係る徴収金を完納していること

この二つは絶対的な応募要件になっています。
これをクリアーされていれば、赤字決算でも応募できます。

豊能地域支援事業における助成金は精算払いです。
つまり新たに取り組もうとされる事業にかかる費用を
自己資金や借入金等でお支払いいただき、
そのうちの助成対象経費(試作費用や販路開拓費用など)の
原則2分の1を後日お支払いする仕組みになっています。

赤字の額が大きいと、自己資金が少なくなったり、
新たに借り入れをおこすことが難しくなったりします。

このため、書類審査面接審査で、選定委員さんが、
最初にお支払いいただく必要がある経費を
御社が支払えないのでは、と心配されるかもしれません。

そのような場合には選定基準
実現可能性に影響することが考えられます。

したがって、赤字決算の会社に限りませんが、
新事業に必要な資金を確保できるメドを
応募時点でたてておいてください。

そしてその事実を応募申請書にも明記されておくと
赤字だから資金がないのでは?
という選定委員さんの心配を避けることができます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

2010年3月19日

このページの先頭へ